絶倫課長のSEXマッサージ〜悶絶テクでイキ続ける新人OLは…1

Hな漫画紹介

「ココが疼いて仕方ないんだろう? ちゃんと揉みほぐさないとね…」――マッサージ器メーカーに勤める里中藍里は、大きな胸が原因の肩こりが悩み。そんな彼女に、営業課長・柿塚が声を掛ける。「若い社員のためだ。私がキミをマッサージしてあげよう!」強引な提案を断りきれず、身体をゆだねてしまった藍里。すると…肩を揉んでいた課長の手が、徐々に下へと伸びていく。「硬いコリをほぐしているんだよ?」と敏感になった乳首を、ピン! ピン! と指先で弾かれ、足腰ガクガク! 思わぬ快感に、藍里の下着はぐっしょりと濡れそぼる。愛液にまみれた股間、むき出しにされたピンクの突起。「ダメ…これ以上されたらイッちゃう…!!」

こんな課長さんがいたら困ってしまいますが、密かなマッサージはされたいかななんてkarinはつい妄想してしまいます(*´Д`*)毎日肩凝りは酷いです。会社にマッサージルーム作って欲しいな〜〜。そんな会社あるの?

 

 

 

コメント